任意整理での弁護士と司法書士の手続きや費用の違いとは

任意整理は弁護士か司法書士に依頼して手続きを行う必要がある

任意整理司法書士弁護士

 

任意整理は裁判所を通さずに債権者と債務者が交渉することによって返済条件を見直すという債務整理になっています。

 

金融の専門家である債権者と話し合う場合に、素人の債務者が交渉に出向いたとしてもまともな交渉をすることはできないです。

 

仮に交渉できたとしても素人が任意整理などの交渉実績がある業者とまともに交渉して、有利な条件の返済条件を勝ち取れるわけないです。

 

任意整理をする際に個人でやろうとする人もいるのですが、それは無謀です。

 

任意整理で和解交渉に失敗したら裁判になる

 

任意整理で金融業者と交渉するとして、相手が交渉に応じてくれたとして、有利な条件を勝ち取るために頑張って交渉したとしても、業者がそれに応じるかどうかは分かりません。

 

特に素人が交渉した場合には、強硬な交渉をすると相手は借金返済を求める裁判を起こしてくる可能性があります。

 

裁判になったら弁護士に依頼する必要があり、それなら最初から弁護士に依頼しておいた方が安く済みます。

 

任意整理についてはとにかく交渉によって返済条件が違ってくるので、できるだけ任意整理に慣れている弁護士や司法書士に依頼する必要があります。

 

では弁護士か司法書士のどちらに依頼するのがベストなのでしょうか?

任意整理で司法書士を利用する場合には140万円の限度額がある

任意整理司法書士140万円限度額

 

任意整理を司法書士か弁護士に依頼する場合に絶対に知っておくべきことは、司法書士には取り扱える借金の限度額が決まっているということです。

 

意外と知らない人が多いのですが、司法書士は弁護士と違って借金の金額が大きくなると利用できないという判例があります。

 

司法書士は140万円の限度額を超える借金案件は担当できない!

 

弁護士と違って司法書士の場合には140万円という限度額があります。これは過払い金などにも適用されるもので、過払い金が140万円以上あったとしたら弁護士に依頼する必要があります。

 

これってかなり大きな制限で、この140万円の限度額の影響で、司法書士を利用しにくいと感じている人も多いです。

 

しかし任意整理の場合には債務整理する借金を個別に選択して交渉するという債務整理方法なので、1件あたり140万円を超えているかどうかで利用できるかどうかが決まります。

 

つまり任意整理の場合なら

 

A社 100万円
B社 100万円

 

という借金がある場合、合計で200万円ですが、制限を受けるのは1件あたりの金額なので、この場合には1件あたり100万円になるので利用できます。

 

このように借金総額ではなく、1件あたりの借金で考える必要があります。

任意整理で裁判になった場合には司法書士では対応できない可能性がある

任意整理司法書士裁判

 

任意整理を司法書士に依頼する場合には140万円の限度額以外にも注意が必要な場合があります。

 

司法書士に任意整理を依頼して債権者と交渉になった際に、場合によっては交渉がもつれてしまって裁判になる可能性があります。

 

簡易裁判所での争いの場合には司法書士でも対応することができますが、もしも相手の金融業者などに控訴されてしまった場合には地方裁判所で争うことになります。

 

しかし司法書士は地方裁判所での争いには参加することができないので、新たに弁護士に依頼する必要が出てきてしまいます。

 

このように任意整理で裁判までもつれ込むようになってしまうと非常に面倒なので、任意整理になれているような弁護士や司法書士は裁判にならないように交渉テクニックを駆使します。

 

しかし基本的に司法書士や弁護士が任意整理の交渉をすれば、多くの業者は返済条件を裁判なしで合意することができます。

 

たまに金融業者によっては任意整理に応じない所もあったりしますが、そういった業者は任意整理の対象から外すこともできます。

 

こういった任意整理に応じる業者かどうかの見極めは、担当する弁護士や司法書士の経験によって違ってくるので、依頼するならしっかりと経験豊富な弁護士や司法書士に依頼するようにしましょう。

任意整理の費用は弁護士よりも司法書士の方が安い!

任意整理司法書士弁護士費用

 

任意整理を依頼する場合に気になるのが司法書士や弁護士への依頼費用ではないでしょうか。

 

任意整理は個人再生や自己破産と比べると依頼費用は安いので利用しやすい債務整理方法ですが、それでも1件あたり数万円の費用が必要になってきます。

 

任意整理の場合には単純に依頼費用を比較した場合には弁護士よりも司法書士の方が安いです。

 

任意整理の依頼費用は司法書士が安くてお得

 

債務整理全般に言えることですが、基本的に弁護士に依頼するよりは司法書士に依頼した方が費用は安いです。

 

任意整理などの債務整理を検討している人はお金がないから手続きするので、費用が安いというのは非常に大きなメリットです。

 

任意整理の場合には140万円の限度額による制限のデメリットはありますが、依頼費用が安いというのは魅力的です。

 

債権者1件あたりの金額が140万円を超えていたり、過払い金が140万円を超えているようなら弁護士に依頼する必要がありますが、こういった制限に引っかからないようなら司法書士に任意整理を依頼するのも一つの方法だと思います。

 

当サイトでは無料相談を受け付けている弁護士事務所や司法書士事務所を載せているのでよかったら参考にしてください。

 

弁護士と司法書士のどちらがいいのか比較するならまずは無料相談を利用して話を聞いてみてはどうでしょうか?

 

人によって借金の状況は違うので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいです。

 

無料相談したからといって債務整理しないといけないということはないので、気軽にメールや電話で相談してみましょう。

 

任意整理などの借金問題への相談は下記から

 

任意整理オススメ弁護士司法書士ランキング