任意整理は他の債務整理方法よりも費用相場が安い

任意整理は他の債務整理方法よりも費用相場が安い画像

 

任意整理は裁判所を利用せずに、弁護士が直接借金をしている金融業者などを交渉して、借金の利息を免除させたり、借金を減額させたりするという債務整理方法になります。

 

かなり一般的な債務整理方法で、裁判所を通さずに行えるということで、手続き期間も短く、債務整理の中では一番手軽に行えるのが任意整理になります。

 

また任意整理は弁護士費用が安く、過払い金請求を併用して利用することができるので、かなり使い勝手のいい債務整理方法になります。

 

任意整理の費用相場は他の債務整理方法よりも安い

 

任意整理の費用相場は債権者の数によって金額が違ってきますが、債権者の数が少ない場合なら、個人再生や自己破産と比べるとかなり安い価格で利用することが可能になります。

 

また弁護士費用以外にかかる手続き費用も、裁判所を通さずに行えるということで個人再生や自己破産と比べると相場は安いです。

 

債務整理で任意整理を選ぶ人は、弁護士費用や手続き費用の安さを狙ったコスパ重視で利用している人も多いのではないでしょうか。

 

では任意整理の弁護士費用相場の内訳はどのようになっているのでしょうか?

任意整理の弁護士費用相場の内訳

任意整理の弁護士費用相場の内訳画像

 

任意整理の場合には裁判所への手続き費費用が必要ないので、基本的には弁護士費用が一番の任意整理の費用になります。

 

任意整理の弁護士費用の相場は下記のような感じだと思ってもらうといいと思います。

 

任意整理の弁護士費用相場

 

着手金:20,000〜40,000円(債務先1件につき)
報酬金:20,000〜40,000円(債務先1件につき)
減額報酬:約10%(任意整理で減額できた割合)
過払い報酬:約20%(過払い金で取り戻せた割合)

 

任意整理の弁護士費用相場は上記のような感じになります。

 

弁護士事務所によって費用相場は違ってきますが、基本的には上記のような費用内訳で任意整理の弁護士費用は構成されています。

 

着手金

 

着手金は借金している金融業者が多くなればそれだけ多くなっていく金額です。

 

任意整理の場合には金融業者と直接交渉していくという債務整理方法なので、借金している金融業者が多ければそれだけ交渉の手間がかかるので、着手金が多額になってきます。

 

着手金は任意整理の成功に関わらず支払う費用なので、ある意味では固定費のような感じでしょうかね。

 

報酬金

 

報酬金はその名前の通り、任意整理に成功した場合の報酬金になります。

 

弁護士事務所によって違ってきますが、着手金を取らずにその分を報酬金とするケースもあったりして、着手金と報酬金を合計すると多くの場合には似たような料金になることが多いです。

 

着手金が高いところは報酬金が安かったり報酬金が高いところは着手金が安かったりする関係だと思っておくといいかもしれないですね。

 

減額報酬

 

任意整理で実際に減額できた金額によって発生する歩合の費用になります。

 

基本的には10%と設定されている弁護士事務所がほとんどだと思っておくといいと思います。

 

40万円の減額に成功した場合には、4万円の減額報酬が必要になるということになります。

 

過払い報酬

 

過払い金の手続きを行った際に発生する費用になります。

 

過払い金の回収金額によって違ってくる費用になっており、20%くらいに設定している弁護士事務所が多いイメージがあります。

 

任意整理の費用相場は上記のような感じになります。

 

基本的には借金のある金融業者が多くなってくると、それだけ弁護士費用が高くなってくるので、借り換えなどをしてできるだけ借金を一つの金融業者にまとめておくと任意整理の費用を節約することができるということがわかると思います。

任意整理の司法書士の費用相場とは?

任意整理司法書士費用相場

 

任意整理は弁護士だけでなく司法書士にも依頼することができます。

 

任意整理は裁判所を通さずに行える債務整理方法なので、弁護士に依頼した場合も司法書士に依頼した場合でも手続きに大きな違いはないです。

 

個人再生や自己破産の場合だと、裁判所への手続きがあったりするので、司法書士は書類作成が主な仕事になり、全ての手続きを代行することはできないですが、任意整理の場合には、裁判にならない限りはすべて任せることができます

 

任意整理を司法書士に依頼する場合の費用相場は弁護士の費用相場とそこまで大きな違いはないですが、司法書士に依頼した方が若干安いです。

 

司法書士事務所によって違ってきますが、1件あたり数万円程度安くなることもあるので、単純に費用相場で比較すると司法書士の方が安いです。

 

これは司法書士の場合だと1件あたり140万円以上の借金は担当できないという、借金の限度額制限があるためだと思います。

 

任意整理の場合には借金の限度額制限などに引っかからないようなら安く依頼できるので場合によってはお得だと思います。

 

参照:任意整理の弁護士と司法書士の違いについて

 

任意整理の弁護士費用が支払えるか不安な場合

任意整理の弁護士費用が支払えるか不安な場合画像

 

任意整理の弁護士費用の相場は上記のような感じになりますが、多くの人は弁護士費用を支払うことができるのか不安になる人が多いと思います。

 

しかし基本的に任意整理はお金がない人が行う手続きなので、弁護士のほうでも借金返済のために任意整理をすることは心得ているので、支払い方法についてはある程度融通をきかせてくれます。

 

任意整理に限ったことではないですが、任意整理を含めて債務整理をする際には、基本的には弁護士費用は分割払いすることが可能になっています。

 

任意整理をすると弁護士のほうから金融業者などの債権者に受任通知が送られることになり、業者からの借金返済の催促がストップします。

 

任意整理の手続き期間中に弁護士費用を工面しよう!

 

任意整理をすると業者への借金返済をストップすることができます。

 

基本的に任意整理の和解が成立するまでは、一時的に借金返済の必要がなくなるので、その分の費用を弁護士費用にあてることができます。

 

もちろん和解が成立すれば残りの借金を返済していくことになります。

 

そのため任意整理の手続き期間中に借金返済にあてる予定だったお金は無駄遣いせずに、しっかりと弁護士費用として利用するようにしましょう。

 

弁護士事務所によっては、受任通知を金融業者に送付して返済をストップして、その間に着手金を依頼人に支払ってもらってから交渉に入る弁護士事務所もあるみたいです。

 

こうなると手続きが長くなってしまうのであまり良い状況とは言えないです。

 

任意整理を行う場合には事前に手続きスケジュールを確認しておくといいです。

任意整理の弁護士費用は無料相談で確認しよう!

任意整理の弁護士費用は無料相談で確認画像

 

任意整理の弁護士費用については、その人の借金の金額や債権者の数などによって大きく違ってくるので、実際に弁護士に相談してみないと正確な金額は判断することができないです。

 

任意整理などの債務整理を行っている弁護士事務所の場合には、無料相談を行っている弁護士事務所もあるので、弁護士費用が高額になるのではと不安に感じているなら、無料相談を利用して弁護士にどれくらいの費用になりそうなのか見積もりを聞いてみるといいです。

 

任意整理には減額報酬や過払い報酬があるので、完全に正確な金額はわからないかもしれないですが、ある程度の減額の見通しなどは経験から判断することができると思います。

 

また、経済状況によっては任意整理よりも最適な債務整理方法もあるので、悩んでいるなら一度相談してみるといいと思います。

 

当サイトでは無料相談可能な弁護士事務所を複数ピックアップしているので、借金問題で悩んでいるならとりあえず相談してはどうでしょうか。

 

メールフォームなどから気軽に相談できるようになっているので下記の公式サイトからご覧ください。

 

任意整理などの借金問題への相談は下記から

 

任意整理オススメ弁護士司法書士ランキング