過払い金が戻ってくる期間とは?

過払い金が戻ってくる期間と時間

過払い金が戻ってくる期間と時間画像

 

過払い金返還請求では金額によっては返済までに時間がかかることもあります

 

過払い金を取り戻すには「過払い金返還請求通知」を金融業者に発送して、金融業者との和解交渉を始めることになります。

 

この和解交渉が成立すると過払い金が戻ってくるのですが、過払い金の金額が大きくなると業者も場合によっては交渉に応じない場合もあります。

 

業者からすると過払い金返還請求によって明らかに損をするので、あまりに支払う金額が大きくなってしまうと、金融業者が相手にしてくれなかったり、不当な和解案を提示してくることもあります。

 

そのため場合によっては裁判まで発展することもあるということを理解しておきましょう。

 

ただ裁判になるとお金が戻ってくるまでに時間がかかったりして面倒なので、過払い金交渉に慣れた債務整理に強い弁護士事務所に請求を依頼すると効率的です。

 

しかしスムーズに和解が成立したとしてもすぐにお金が戻ってくるということではなく色々と手続きがあります。

 

そのため裁判にならずにスムーズに和解交渉が進んだとしても、一般的に過払い金が戻ってくる期間は通常は3ヶ月から4ヶ月くらいと思っておくといいです。

 

またもし金融業者が抵抗して裁判にまで発展してしまうと、過払い金が戻ってくるまでに1年くらいかかることもあるので注意しましょう。

過払い金返還請求は早めに手続きしよう!

過払い金返還請求は早めに手続き画像

 

過払い金請求なんて時効前に行えば何の問題もないのではないか?と思っている人も多いかもしれないですが、実際にはそれは間違いなんですよね。

 

確かに過払い金請求は10年の時効以内に行えばいいのですが、過払い金請求を行う金融機関が倒産してしまっては請求することはできないということです。

 

金融業者は過払い金返還請求によって経営状態が悪化してしまって、「ない袖はふれない」ということで返還が遅れてしまったり、お金が戻ってこないことも起こっています。

 

ある意味では当然の話ですよね。民間企業なので過払い金返還請求が相次いだたら資金繰りが悪化して潰れてしまう可能性があります。

 

大手消費者金融なら過払い金返還請求が相次いでも耐えられるかもしれないですが、中小規模の業者だと倒産する可能性もあります。

 

返還請求先の金融業者が倒産してしまった場合には、当然ですがお金は戻ってこないです。

 

そのため過払い金があるのならできるだけ早めに債務整理に慣れた弁護士事務所に依頼することが大事です。

 

過払い金請求の際には金利も請求することができるので、和解の条件にすることもでき、金融業者が倒産などの状況になる前に早めに手続きを依頼するようにしましょう。

 

ほぼ、むずかしい手続きなどは債務整理に強い弁護士事務所を利用すれば問題なく行ってくれるのでそこまで心配する必要はないです。

 

過払い金返還請求の相談なら下記からどうぞ

 

過払い金請求の無料相談はこちらの弁護士事務所が対応