任意整理での借金完済の条件とは

任意整理での借金完済の条件とは画像

任意整理は借金返済が厳しくなった場合に、利息や返済期間などを金融機関と交渉して変更するという方法になります。

 

通常は弁護士などに依頼して行うのが普通なので、まずは弁護士に借金の相談をすることになるのが手順になります。

 

そこで任意整理で借金が完済可能かどうか話を聞くことが大事になってきます。

 

任意整理しても借金が完済できないような状況になってしまったら、任意整理をしても意味がないのでしっかりと事前に無料相談などを利用して借金の状況について話を聞いて、任意整理が可能かどうか話を聞きましょう。

 

基本的に任意整理で借金完済が可能なのかにはいくつかの条件があります。

 

任意整理で借金完済できる条件とは

 

任意整理で借金が完済可能な条件で一番大事なのは、継続的な収入があるということです。基本的に任意整理は借金がゼロになるというものではないので、継続的な収入があって、しっかりと返済可能なことが非常に大事になってきます。

 

とは言ってもこういった基本的なことは債務整理を依頼する法律相談所の無料相談を利用すればすぐにわかることなので、そこまで心配は要らないと思います。

任意整理の返済条件は後から変えることも可能

任意整理の返済条件は後から変えることも可能画像

任意整理で借金を完済するためには弁護士に依頼して金融業者などと交渉して、借金返済の方法についてしっかりと話し合うことが大事になってきます。

 

任意整理では借金がなくなるということはないので、そのまま返済していくことにありますが、完済する途中で経済状況が変わってしまうことは珍しくないです。

 

そういった場合に任意整理での完済が難しくなるということは普通にありえることです。

 

任意整理で途中で完済が難しくなってしまった場合には、任意整理の再和解個人再生自己破産など他の債務整理方法を行うという選択肢もあります。

 

任意整理はあくまでも債務整理の方法の一つであって、かならずしもそれでずっと返済していかなくてはならないということはないです。

 

大事なのは任意整理後に、返済が厳しくなった場合には債務整理法律事務所に早めに相談することです。

 

任意整理後に借金返済が滞ると、それまでの任意整理での合意が破棄されて、借金の一括返済を求められることもあるので注意しましょう。