過払い金返還請求の費用の内訳とは

過払い金返還請求の費用の内訳画像

 

過払い金返還請求を検討している人の多くは、過払い金を取り戻すのに弁護士に依頼した場合にどれくらいの費用が必要なのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

やはり弁護士に依頼するとなると、何となく高額になるのではないかと不安に感じる人も多いです。

 

そこで過払い金返還請求を弁護士に依頼した際にどれくらいの費用が必要になって、どんな費用が必要になってくるのか知っておきましょう。

 

過払い金返還請求にかかる弁護士費用

 

着手金

 

着手金は過払い金返還請求にかかる最初の費用で業者1件につき2、3万円くらいだと思っておくといいです。

 

過払い金返還請求については金融業者と交渉して条件合意する必要があるので手間がかかります。そのため最初に着手金を求めるところもあります。

 

ただ着手金を求めない弁護士事務所も多数あります。

解決報酬金

 

解決報酬金は過払い金の返還に成功した際に成功報酬になります。こちらも相場は業者1件につき2、3万円くらいだと思っておくといいです。

 

この解決報酬金については過払い金を取り戻せた場合にのみ発生するものなので、正当な報酬と言えると思います。

過払い報酬

 

過払い報酬は過払い金の取り戻せた額の金額のパーセンテージで支払われる報酬になります。基本的には取り戻せた額の20パーセントくらいだと考えておくといいです。

 

こちらも成功報酬のようなものなのでそこまで負担が大きくなることはないと思います。

 

こうして見ると過払い金返還請求の費用については、取り戻せる額によって費用が上下するということがよく分かると思います。

 

当サイトで載せている弁護士事務所の場合だと、着手金0円のところしか掲載してないので、ほかと比べると比較的過払い金返還請求の弁護士費用は安いと思います。

過払い金返還請求で裁判になった場合の費用とは?

過払い金返還請求で裁判になった場合の費用画像

 

過払い金返還請求を金融業者に行った場合に、普通は弁護士に交渉を任せますが、それでも裁判になる可能性は考えられます。

 

裁判になると弁護士費用はもちろんですが、印紙代や切手代など色々な費用が必要になってきて負担も大きくなります。

 

また解決に時間もかかってくるので、過払い金返還請求で裁判を起こすメリットやデメリット比較してどうするのか決める必要があります。

 

そこで気になるのが過払い金返還請求での弁護士費用などではないでしょうか。

 

裁判での弁護士費用なんて負担できないと思っている人も多いと思いますが、実際にはどうなのでしょうか?

 

裁判では裁判での弁護士費用や慰謝料も請求できる!

 

過払い金返還請求で裁判にするのに躊躇いのある人も多いと思いますが、訴訟では過払い金そのものはもちろんですが、他にも慰謝料や裁判所における弁護士費用も一緒に請求することができます

 

また各地の弁護士会や国民生活向上委員会、法テラスなどで弁護士費用の立替制度もあるので活用すると費用負担が軽くなります。

 

とは言っても過払い金で戻ってくる金額がそこまで多くないような場合には裁判を起こすメリットはそこまでないので、過払い金の金額と比較して裁判にする価値があるのか見極めるといいかもしれないですね。

 

当サイトではそんな過払い金返還請求や債務整理に強い弁護士事務所をいくつかのせいているので参考にしてください。

 

過払い金返還請求の相談なら下記からどうぞ

 

過払い金の金額を調べるなら弁護士の無料相談を利用しよう