任意整理後に住宅ローン審査が厳しくなるのは何故なのか?

任意整理住宅ローン審査

 

任意整理に限ったわけではないですが、債務整理をすると基本的にローン等を組むことが難しくなってしまいます

 

そのためキャッシングはもちろんですが、クレジットカードも利用できないですし色々なデメリットが発生します。

 

その中には住宅ローン審査に通らなくて、住宅ローンを組むことができないという事態が起こります。

 

これらのデメリットの原因は信用情報がブラックリストに掲載されてしまうためです。

 

任意生理後は最低でも5年間は住宅ローン審査が通らなくなる

 

任意整理の場合には自己破産や個人再生と違って、住宅ローン審査が通らない期間は比較的短いほうです。

 

それでも5年間は住宅ローン審査が通らなくなります

 

これは金融機関で共有されている信用情報がブラックリストに掲載されるためで、住宅ローンの審査の際には信用情報がブラックリストに掲載されてないか確認してから住宅ローンを通すか決めます。

 

ただ住宅ローンと簡単に言いますが、住宅ローンには銀行系のものだったり、消費者金融系のもの、住宅金融支援機構のフラット35、労金など色々なタイプのものがあります。

 

それぞれによって審査の厳しさは違ってくるので注意しましょう。

 

ではそもそも住宅ローン審査ではどのような所をチェックしているのでしょうか?

任意整理後の住宅ローン審査でチェックされる部分とは?

任意整理住宅ローン審査チェック

 

任意整理後の住宅ローン審査を受ける場合に、どのような部分に注意すると審査が通るのかあらかじめ知っておくことは大事なことになります。

 

任意整理後でも住宅ローン審査に通るためには、審査内容についてあらかいめある程度知っておいて、あらかじめ対策しておくことが大事になってきます。

 

下記で住宅ローン審査の内容について解説しているのでご覧ください。

 

住宅ローン審査のチェック項目

 

本人の年収や勤務先など

 

任意整理後に限ったことではないですが、住宅ローン審査を通るためには本人の年収勤務先などが非常に重要な要素になってきます。

 

他にも勤続年数なども重要なポイントになってきますね。やはり住宅ローンは長期で支払っていくローンなので、勤務先の安定性や年収などは非常に重要な要素になってきます。

 

そのため職業が公務員の場合には比較的審査が通りやすくなるケースが多いみたいですね。公務員は一般のサラリーマンよりも優遇されている可能性があります。

 

信用情報がブラックリストに掲載されているかどうか

 

住宅ローン審査で非常に重要な項目になっているのが、信用情報がブラックリストに掲載されているかどうかということです。

 

銀行系の住宅ローンの場合には機械的に審査をする場合が多いんで、信用情報がブラックリストに掲載されているというだけで審査から外れる可能性が高いです。

 

ちなみに配偶者や家族が債務整理によってブラックリストに掲載されている場合に、住宅ローン審査に影響しているのではないかと思う人もいますが、基本的に家族や配偶者のブラックリスト掲載は関係無いと思っていいです。

 

参照:信用情報のブラックリスト掲載について

 

公共料金などの未払いや滞納はないか

 

公共料金などの未払いや滞納している費用がないかどうかも重要なチェックポイントの一つになってきます。

 

公共料金の延滞や未払いがどうして住宅ローン審査に影響するの?と思う人もいるかもしれないですが、支払い方法によってはこれらの料金の未払いや滞納が信用情報に影響を与える可能性があります。

 

コンビニ払いや銀行引き落とし、振込みの場合には延滞したとしても信用情報に影響が出ることはないですが、クレジットカードで払っている場合には注意が必要です。

 

クレジットカード会社は信用情報機関に入っているので、延滞や未払いをすると信用情報機関に報告する対象になります。

 

そうなると信用情報機関を見て審査をしている住宅ローンに影響が出るという仕組みです。

 

任意整理後の住宅ローン審査ではこういった部分に気を配るようにするといいと思います。

 

とは言っても事前に自分で何かするという余地はあまりないのが現状ですね。

 

では任整理後に住宅ローンを通った人は具体的にどのような対策をしたのでしょうか?

任意整理後の住宅ローン審査に通るためにできる対策方法とは?

任意整理住宅ローン審査通る

 

任意生理後は基本的に住宅ローン審査に通る可能性は低いですが、それでもまったく可能性がないというわけではないです。

 

任意整理の場合なら個人再生や自己破産などと比べると、まだ住宅ローン審査に通る可能性は高いと思います。

 

基本的には5年待てば任意整理による信用情報のブラックリストから名前が削除されるので普通に審査に通るようになるのですが、それを待てない場合にどうすればいいのか解説します。

 

では任意整理後に住宅ローン審査に通るためにはどうすればいいのでしょうか?

 

任意整理後に住宅ローン審査に通った人が行っている対策方法とは?

 

住宅ローン審査の緩い金融業者を利用する!

 

住宅ローン審査はその金融業者によって審査の方法は違ったり、条件なども若干異なってきます。

 

そのため住宅ローン審査の緩い金融業者を利用すれば、任意整理後5年間を待たなくても住宅ローン審査を通る可能性があります。

 

あくまでも噂ですが楽天銀行や新生銀行などは比較的審査が緩いという話があります。

 

逆に大手銀行の場合には住宅ローン審査が機械的に行われる場合が多いので、信用情報がブラックリストに掲載されているだけで審査からはじかれる可能性があります。

 

家族名義で住宅ローンを組む

 

任意整理後にどれだけ頑張っても審査が通らないような場合には、家族名義で住宅ローンを組むという方法があります。

 

配偶者や家族に正社員の人がいて安定的な収入があるなら、その人の名義で住宅ローンを組むという方法も考えられます。

 

任意整理をしたとしても家族や配偶者の信用情報に影響はないので、任意整理をした当人よりも住宅ローン審査が通りやすいのではないかと思います。

 

ただあらかじめその人としっかりと相談しておく必要があります。

 

配偶者の場合には比較的了承をとりやすいと思いますので、状況によってはためしてみてはどうでしょうか?

 

任意整理後に住宅ローン審査に通るためには、審査の際に信用情報だけでなく、年収や勤務先など総合的に判断してくれるような金融機関で審査を受ける必要があります。

 

そのためブラックリスト掲載されていても、それを補うだけの年収や勤務先の安定性が必要になってくるので、審査に通るのは簡単ではないと思ったほうがいいです。

任意整理後の住宅ローンの取扱いについては弁護士にあらかじめ聞いておこう!

任意整理住宅ローン弁護士相談

 

任意整理後に住宅ローン審査を通って、住宅ローンを組みたいと将来的に考えているなら、任意整理前に借金問題の専門家の弁護士などに相談しておくといいかもしれないですね。

 

任意整理を含めて債務整理では住宅ローンを結構大きな問題になってくるので、弁護士の方でも住宅ローンのについてはある程度詳しい知識がある人が多かったりします。

 

任意整理を利用する際に住宅ローンについて聞く余裕がないという人もいるかもしれないですが、気になっていることは色々聞いておくといいです。

 

そのために弁護士事務所では無料相談などを実施しているので、任意整理を含めて借金問題について疑問に感じていることがあったら遠慮せずに聞いてみるといいと思います。

 

任意整理は利用している人も多い債務整理方法ですが、一定期間だけ住宅ローン審査が通りにくくなったり、クレジットカードが利用できなくなったりなど、いくつかのデメリットがあったりします。

 

任意整理後に後悔しないためにも、任意整理前にはしっかりと弁護士の無流相談を利用して準備をすることが大事になります。

 

当サイトでは任意整理を含めた借金問題について無料相談を受け付けている弁護士事務所をいくつか載せています。

 

メールや電話で気軽に相談できるようになっているのでよかったら参考にしてください。

 

任意整理などの借金問題への相談は下記から

 

任意整理オススメ弁護士司法書士ランキング