任意整理を行える人には条件があるのか?

任意整理を行える人には条件があるのか画像

 

任意整理は債務整理の中の一つの手段ですが、債務整理の中でも日本人が一番行っている借金整理の方法が任意整理なので、自分も行えるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

そもそも任意整理を含めた債務整理について、特定の条件を満たさないと行えないと思っている人もいるみたいですが、実際にはそうではないです。

 

自己破産については借金がゼロになるという強力な債務整理方法なので、認められるには条件がありますが、任意整理の場合には基本的には条件はないです。

 

任意整理には行う際に何か特別な条件があるわけではないですが、任意整理があなたの借金の状況に必ずマッチしている方法とは限らないので、しっかりと任意整理について知ってから手続きを行うようにすることが大事です。

任意整理は派遣社員などでも行うことができる

任意整理は派遣社員などでも行うことができる画像

 

任意整理を行う場合に、職種や派遣社員などの状況では行えないのではないかと思っている人もいますが、実際にはそんなことはないです。

 

任意整理は派遣社員の人でも行うことができて特定の職業の人が任意整理を行なえないということもないです。

 

また任意整理はギャンブルや投資などによる借金でも債務整理することができるので、借金の原因についても問われないです。

 

ただ任意整理は3年から5年以内という期間で借金を返済していく方法なので、あまりに借金の金額が大きいようだと、任意整理を弁護士に相談しにいった際に、別の債務整理方法を進められる可能性があります。

 

任意整理は誰でも行えることができるのはもちろんですが、借金の原因や現在の職業によって行うことができないということはないので安心して大丈夫だと思います。

 

法律的には誰でも行える債務整理方法が任意整理なので、特別なにか条件があるわけではないですが、法律事務所によっては任意整理を断る場合もあります。

弁護士事務所から任意整理を断られることもある

弁護士事務所から任意整理を断られることもある画像

 

任意整理を行う場合には特別な条件はないですが、基本的に任意整理は金融機関と直接交渉を行う債務整理方法なので、弁護士に依頼して行うのが通常です。

 

しかし弁護士事務所によっては任意整理を断る事例もあります。

 

ではどういった場合に任意整理が断られるのでしょうか?これは任意整理を行う条件にも繋がってくるので非常に大事です。

 

安定収入がないと任意整理を断られる

 

任意整理は自己破産とは違って借金がゼロになるわけではないので、任意整理後も借金を返済していく必要があります。そのため安定的な収入がないと任意整理をしても返済ができないと思われるので、弁護士から任意整理を断られることがあるようです。

借金が多すぎて返済の見込みがない任意整理を断られる

 

安定した収入があったとしても借金があまりに多くて、3年から5年という返済期間で返済することが難しい場合には任意整理を断られることもあります。任意整理をすると返済は楽になりますが、劇的に借金が減額するというものではないのであまりに借金が多いと弁護士事務所から任意整理を断られます。

 

このように任意整理自体には条件はないですが、弁護士事務所から断られる可能性があるということは知っておくといいと思います。

 

では弁護士事務所から任意整理が断られてしまったらどうすればいいのでしょうか?

弁護士事務所から任意整理を断られても方法はある!

弁護士事務所から任意整理を断られても方法はある画像

 

任意整理を弁護士事務所から断られたら別の債務整理方法を行えばいいだけです。

 

基本的に任意整理が断られるような状況だと、借金の金額が多かったり安定的な収入がないような状況だと思うので、個人再生や自己破産の方が向いていることが多いです。

 

また弁護士事務所のほうでも、任意整理を断る際に別の債務整理方法を提案してくると思うので、そちらを検討するといいと思います。

 

任意整理は便利な債務整理方法ですが、借金の減額幅は債務整理の中では一番小さい方法です。

 

借金の減額幅なら個人再生や自己破産の方が大きいので、借金の金額が多いような場合には任意整理よりは個人再生や自己破産を選択したほうが負担は少ないと思います。

 

債務整理については個人の借金の状況や資産の状況によってどの方法が一番適切な方法なのか違ってくるので、まずは債務整理に慣れた法律事務所の無料相談を利用して話をしてみるといいです。

 

自分は任意整理が可能なのか専門家に相談してみる

 

任意整理オススメ弁護士司法書士ランキング