任意整理できない場合はどうする

任意整理できない場合はどうする画像

任意整理ができない状況というのはほとんどないと思います。

 

基本的に任意整理は債務整理で一番行われている一般的な方法なので、条件自体も非常に緩いです。

 

実際に浪費などのパチンコによる借金や、FXなどの投資についての借金も任意整理で債務整理することが可能です。

 

任意整理の場合には基本的に借金の理由が問われない債務整理方法なので、どういった経緯で借金をしたのかということは関係ないです。

 

そのため、普通に弁護士に依頼すると任意整理ができないということは普通はないと思ったほうがいいと思います。

 

ではどういった場合に任意整理ができないのでしょうか?

任意整理ができないケースとは?

任意整理ができないケース画像

任意整理ができないケースは、任意整理しても借金が返済できる見込みがないような場合です。

 

任意整理では利息などが免除されることはありますが、借金が大幅に減額するということはないので、あまりに借金が大量にあるような場合だと、任意整理しても返済することができないことがあります。

 

そういった場合には任意整理を断られる可能性があります。

 

具体的な目安としては、毎月しっかりとした収入があって、任意整理後の借金を3年から5年で返済できるようなケースが任意整理が行える目安になってきます。

 

任意整理は弁護士が債権者と交渉して決める債務整理方法なので、債権者としては完済の見込みが少ない任意整理には応じないということだと思います。

 

とは言っても債務整理は任意整理だけではないので、任意整理がダメなら他の債務整理方法を行えばいいだけです。

任意整理できないなら他の債務整理方法を行えばいい

任意整理できないなら他の債務整理方法を行えばいい画像

債務整理は任意整理だけではないということです。

 

任意整理は基本的にそこまで減額幅が高い債務整理方法ではないので、借金額が大きい場合には個人再生自己破産を利用した方がいいと思います。

 

実際に借金の減額幅を重視するなら個人再生や自己破産を利用した方がいいです。

 

また任意整理できないような借金状況の場合には、個人再生や自己破産を行えるようなケースなので、そちらを利用するといいです。

 

人によっては自己破産で家などを失いたくないという人もいると思いますが、それなら個人再生を検討するといいと思います。

 

何にしても借金の状況は人によって違ってくるので、自分に最適な債務整理方法を知るためにも一度は法律の専門家による無料相談を利用するといいです。

 

任意整理に強い法律事務所の無料相談

 

任意整理オススメ弁護士司法書士ランキング