任意整理によるブラックリスト掲載は5年だと説明しています。

任意整理のブラックリストは信用情報機関に載せられる

任意整理のブラックリストは信用情報機関に載せられる画像

任意整理に限ったことではないですが、債務整理をすると金融機関の信用情報機関に「事故情報」としてブラックリストに掲載されてしまうことは意外と良く知られていることです。

 

何となくブラックリストと聞くと怖いイメージがある人も多いのではないでしょうか。

 

しかし実際にはブラックリストはそこまで怖いものではないです。そもそもブラックリストというのは通称で、実際には存在しないものです。

 

ではそもそも信用情報機関に掲載されるブラックリストとはどのようなものなのでしょうか?

 

信用情報機関とは?

 

信用情報機関とは金融機関、信販会社、金融業者などに信用情報を提供しているような機関になります。国が関わっていると思っている人もいますが、あくまでも民間機関なのでそもまで強い影響力はないです。

 

信用情報機関には、利用者の氏名や住所、生年月日や勤務再起の情報が掲載されており、さらには利用者の借り入れ情報や、支払残高、事故情報や延滞情報などが掲載されています。

 

信用情報機関は金融機関で共有している顧客のデータベースのようなものだと理解するといいかもしれないですね。

任意整理のブラックリスト掲載の目安は5年

任意整理のブラックリスト掲載の目安は5年画像

任意整理を含めた債務整理を行うと信用情報がブラックリストに掲載されてしまって、クレジットカードが作れないことや、ローンが組めないなどのデメリットが発生します。

 

しかし一度ブラックリストに掲載されるとそのまま一生クレジットカードが作れなかったりローンが組めないというわけではないです。

 

信用情報のブラックリストの掲載の目安は5年なので、それくらいの時期になるとブラック情報が消えて、以前のように普通にローンが組めたりクレジットカードが作れるようになります。

 

とは言っても整理の対象となった金融機関などでは会社内での「社内ブラック」という情報が残り続けることもあります。

 

こうした情報が残るとその金融機関での借り入れが難しくなったりするので、他の金融機関の利用を余儀なくされる可能性があります。

 

任意整理のブラックリスト掲載5年はいつから?

 

そもそも任意整理のブラックリスト掲載の5年間が具体的にいつからいつまでなのか気になっている人も多いと思います。基本的には任意整理で減額した借金を完済してから5年と理解しておくといいといいと思います。

 

任意整理は借金が減額できる非常に優秀な債務整理方法ですが、しっかりとこういったデメリットもあることは理解しておくといいと思います。