母子家庭やシングルマザーで任意整理を利用するメリットとは?

母子家庭シングルマザー任意整理

 

母子家庭やシングルマザーで経済的に追い詰められているという人は少なくないです。

 

母子家庭やシングルマザーで子供がまだ小さい時期だと、働く環境に制限が出てきてしまうので、人によってはパートやアルバイトをしながら家計を支えているという状況の人の少なくないです。

 

そのためパートやアルバイトで生活を賄えないような状況だと、借金をして生活費を工面しているという母子家庭も中にはいます。

 

子供が学校に通うようになればある程度は時間が取れるようになるのでフルタイムで働くことも可能ですが、それまでの間に借金が大きくなって、利息を返済するだけでも辛い状況ならできるだけ早めに債務整理を検討したほうがいいです。

 

そんな債務整理方法の中に任意整理という方法がありますが、母子家庭で任意整理を利用するメリットは何があるのでしょうか?

 

任意整理は依頼料金が安く手軽に利用できる

 

母子家庭やシングルマザーが任意整理を利用して借金返済する一番大きなメリットは手軽に利用できて、依頼料金が安いというのが一番大きな理由なのではないかと思います。

 

任意整理は裁判所を通さずに行える唯一の債務整理方法なので、手続きが複雑ではなく、依頼料金も安いので、母子家庭で借金返済に困っている場合には一番気軽に利用できる債務整理方法です。

 

依頼料金などの経済的な負担を小さくしながら、借金返済の負担をしっかりと軽減できるのでコスパの良い債務整理ではないかと思います。

 

母子家庭で任意整理の利用を検討しているなら、まずは弁護士や司法書士の無料相談を利用してから決めるようにしましょう。

母子家庭で任意整理を利用できる条件とは

母子家庭シングルマザー任意整理条件

 

母子家庭で任意整理を利用する場合に気になるのが「自分でも任意整理を利用できるのか」ということだと思います。

 

任意整理に利用条件があった場合に自分はその条件に該当するのか気になっている人も多いと思います。

 

しかし、任意整理については特別な利用条件なく利用することができます

 

任意整理は借金理由が、ギャンブルや株、FXや浪費などのような場合でも利用することができるので、比較的利用制限の緩い債務整理方法と言えます。

 

ただ任意整理を利用する場合には条件とも言えるような注意点があります。

 

任意整理を利用するには借金返済できるだけの収入が必要

 

母子家庭で任意整理を利用しようと思っている場合に、もしも無職だったとしたら利用できないと思ったほうがいいです。

 

任意整理は自己破産のように借金が免責されて0円になるという債務整理方法ではなく、あくまでも借金の利息を免除したり、毎月の返済額を軽くしたりする借金返済の条件を変えるという債務整理方法です。

 

そのため任意整理後に借金返済できるだけの収入が必要になってくるということです。

 

収入がないのに任意整理しても、結局返済できなかったら意味がないということです。

 

もし、母子家庭で収入がまったくないような状況で借金返済に苦しんでいるような自己破産を検討するといいと思います。

 

参照:自己破産について

母子家庭で任意整理を利用することによる子供への影響

母子家庭シングルマザー任意整理子供

 

母子家庭やシングルマザーで任意整理などの債務整理を利用する場合に、一番気になるのが、任意整理を利用することによって子供にどのような影響が出るのかということです。

 

任意整理によって借金返済の負担は小さくなりますが、そのために何かデメリットが生じるというのは何となく理解できると思います。

 

何のデメリットもなしに借金が減額されるのであれば、借金返済で困る人は一人もいないですからね。

 

そのデメリットが子供の将来に影響を与えるようだと利用に躊躇する人もいると思います。では実際に任意整理は子供に影響を及ぼすのでしょうか?

 

任意整理による子供への影響はない

 

任意整理を利用したからといって子どもに何か影響が生じるということはないです。

 

任意整理は債務整理方法中でも一番デメリットが小さい債務整理方法なので、子供に直接影響が生じるという心配はないです。

 

むしろ任意整理を利用して借金負担を軽減した方が、子供の生活には良い影響を与えるのではないかと思います。

 

そもそも任意整理を含めた債務整理方法は、利用した本人にデメリットが生じることはありますが、利用者以外の人に直接何かデメリットが生じるということはないです。

 

また、任意整理は金融業者と直接交渉して借金返済の条件を見直してもらうという債務整理方法なので、他の債務整理方法と違い裁判所が直接係らないので、デメリットも小さく母子家庭でも利用しやすいです。

母子家庭で任意整理を利用した場合の住宅ローンへの影響

母子家庭シングルマザー任意整理住宅ローン

 

母子家庭で任意整理を利用する場合に、住宅ローンについて考える必要があります。

 

現在住んでいる家を住宅ローンで購入したような場合だと、住宅ローンを債務整理してしまうことによって、住宅ローンを踏み倒すことになってしまうので、現在住んでいる家に住むことができなくなってしまいます。

 

そのため住宅ローンを債務整理してしまうと、引越しを余儀なくされてしまうので、子供の生活環境が大きく変わることになってしまいます。

 

任意整理を利用すると、家を失うことになってしまうのでしょうか?

 

住宅ローンを任意整理対象から外せば家を残したまま借金整理できる

 

任意整理は他の債務整理方法とは違って、借金整理する借金対象を自分で選ぶことができます。

 

そのため、住宅ローンはそのままにして、それ以外の借金を整理したいという場合には、住宅ローンを任意整理対象から外すことができるので、任意整理を利用したとしても、そのまま現在の家で暮らすことができます。

 

任意整理はこのように債務整理対象を自分で選ぶことができるので、住宅ローンをそのまま払いたいという場合には非常に利用しやすい債務整理方法だと思います。

 

母子家庭でできるだけ子供との生活環境を変ない状態で、借金返済の負担を軽減したいと思っているならオススメの債務整理方法です。

 

任意整理後に住宅ローンを組むことは可能なのか?

 

任意整理を利用した際に気になるのが、将来住宅ローン組むことができるのかということです。

 

結論から言ってしまうと、任意整理後すぐには住宅ローンを組むことはできないですが、5年後くらいからは住宅ローンを組むことは可能でです。

 

任意整理に限ったことではなく、債務整理を利用すると信用情報がブラックリストに掲載されることになり、住宅ローンの審査が通らなくなってしまいます。

 

任意整理の場合だと最低でも5年間は住宅ローンの審査が通らなくなると思ったほうがいいです。5年後からは信用情報のブラックリストの情報が削除されるので住宅ローン審査にも通るようになります。

 

参照:任意整理での住宅ローン審査について

母子家庭で任意整理を利用した場合に奨学金は利用できるのか?

母子家庭シングルマザー任意整理奨学金

 

母子家庭で任意整理を利用する場合に、子供が将来奨学金を利用することができるのか気になっている母親は多いです。

 

近年、大学の学費はどんどん高くなってきているので、子供の大学費用のためにお金を貯めていたとしても、将来大学の学費がどれだけ上がるかわからないので、奨学金の利用を視野に入れるのは当然です。

 

しかし、そこで気になるのが、過去に母親が任意整理で借金整理した場合に、子供が奨学金を利用することができるのかということです。

 

結論を言ってしまうと、母親が任意整理で過去に借金整理していたとしても、子供が奨学金を利用できないという制限はないです。

 

しかしまったく影響がないとは言い切れないです。

 

任意整理を利用することで奨学金の連帯保証人になれない場合がある

 

親が任意整理しても、子供は普通に奨学金を利用することができますが、奨学金には連帯保証人が必要でです。

 

普通は親が連帯保証人になるケースが多いのですが、任意整理をして信用情報がブラックリストに掲載されている状況だと、連帯保証人を断られてしまう可能性があります。

 

信用情報のブラックリスト掲載は5年で解除されるので、それ以前の任意整理なら問題ないですが、過去5年以内に任意整理をしたという場合には注意が必要です。

 

任意整理した場合の最大のデメリットは信用情報がブラックリストに掲載されることで、このことによって子供の奨学金の連帯保証人なれないと、子供は別の連帯保証人を探すことを余儀なくされます。

 

では連帯保証人を見つけられなかったら奨学金は利用できないのでしょうか?

 

任意整理で親が連帯保証人になれないなら機関保証を利用しよう

 

母子家庭で母親以外に連帯保証人になってくれる人がいなくて、その母親が任意整理していて連帯保証人になれないような場合には、機関保証を利用するといいです。

 

機関保証は法人として奨学金の連帯保証人になってくれるというサービスです。手数料はかかりますが、利用するのに連帯保証人も保証人も必要ないので利用しやすいです。

 

最近は子供が将来奨学金を返済できない場合のことを想定して、あえて機関保証を利用している家庭も少なくないです。

母子家庭で任意整理するなら弁護士や司法書士の借金無料相談を利用しよう

母子家庭シングルマザー任意整理借金相談

 

母子家庭で任意整理を利用して借金整理をしようと思っているなら、いきなり弁護士や司法書士に手続きを依頼するのではなく、法律事務所が行っている借金の無料相談を利用してからにしましょう。

 

任意整理はを含めて債務整理方法は内容が複雑なものが多く、いきなり何の説明も聞かずに手続きを依頼するのはリスクがあります。

 

任意整理は依頼料金が安く、債務整理の中で最も利用されている借金整理手続きですが、借金状況によっては任意整理よりも最適な債務整理方法がある可能性もあります。

 

そのため、あなたに最適な債務整理方法を探るという意味や、債務整理以外に良い借金返済方法があるのかなど、借金返済に関する情報について専門家からアドバイスを無料でもらえる借金相談は便利です。

 

当サイトでは借金相談に無料で応じている弁護士や司法書士をランキング形式で載せているのでよかったら参考にしてください。

 

紹介している弁護士や司法書士は全てメールや電話でも無料相談を受け付けているので気軽に利用することができます。

 

借金問題の無料相談を行っている弁護士事務所

 

任意整理オススメ弁護士司法書士ランキング